猿の手

猿の手 (さるのて) / 永矢洋子
内容紹介
「猿の手 猿の手 私の願いを叶えておくれ――…」 ―――【猿の手】見てくれは干からびた猿の前足のミイラだが、それを手に入れた者は、どんな願い事でも三つ叶うという。ただし、相応の代償を引き換えにして―――。 生きること何もかもすべてに絶望し、行き場のない人間に【猿の手】と呼ばれる干からびたミイラの欠片を与える謎の男・諸岡慶士朗。 彼に猿の手を与えられた者は己の幸せ、あるいは大切な誰かの幸せを願う。 追い詰められた者たちが願う幸せの果てに待つ本当の恐怖とは――。 そして快楽的に動き、傍観する愉快犯・諸岡の真意とは一体!? 鬼才・永矢洋子が人間の欲深さ、つかの間の幸福、そしてどん底を描く!! 『猿の手』シリーズI〜X 全10話、PROFILE「諸岡慶士朗」「緋尾竜一」 収録 (単話売との重複購入にご注意ください)

シリーズ作品