蔵の宿 33巻

蔵の宿 33巻 (くらのやど33かん) / 作:西ゆうじ/画:田名俊信
内容紹介
霞ヶ城の広場で越前そばの屋台を営む林田名人はライバル店の出現で窮地に立たされる。一方、蔵の宿では信江が大切にしていた夫の形見の徳利をお客の老夫婦が割ってしまう。人間国宝が作陶したその徳利には、蔵岡家の思い出とそれにまつわるとある秘密が!

シリーズ作品