天使の腐臭 6

天使の腐臭 6 (てんしのふしゅう006) / 長崎さゆり
内容紹介
「杏奈、ほら、ごはん!」。押し入れの中に住む杏奈に、まるでエサのように投げつけられる母からのコンビニ弁当。これが杏奈の食料。戸籍のない子供として母に育てられた杏奈は、毒母の気分次第で虐待を受け、自分を押し殺して息を潜めながら生きてきた! そんなある日、母の恋人から杏奈に強要されていた忌まわしい秘密が明らかになって……。母親の愛を知らず、常識を知らない虐げられて育った少女から目覚めた別人格、春奈! さらに新たな別人格が生まれて――! 愛憎満載のピカレスクロマン、第6巻!

シリーズ作品