女神の棲む家

女神の棲む家 (めがみのすむいえ001) / 長崎さゆり
内容紹介
「私の役目は、人を導くこと!」 50歳を過ぎても輝く美貌を誇る、私のママは女神みたいな人。ある日、児童養護施設から子供を引き取ってきたのだけれど、この子供、誰かに虐待されているのでは!? でも、私じゃない―――まさかママが!? 自身のプライド故に周囲を見下すサイコパス良妻賢母の抑圧の恐怖を描いた表題作「女神の棲む家」のほか、母親世代の男尊女卑に反発し、男に頼らず仕事に邁進してきた美里がマイペースに生きる喜びを知るまでを描いた「マイナスハート」、社内で真面目に仕事をする面々を邪魔するバブル入社のお局&ゆとり世代の新入社員を羨みつつも受け入れられない、就職氷河期世代の美保が人生どん詰まりになった時、様々な多様性を受け入れる幸福な瞬間を描いた「楽園世代」、女子大生ブームに乗っかり企業して時代の寵児だった紀美子はお見合い結婚で凡庸なお飾り夫をゲット。自由奔放に過ごしてきた彼女を不況の荒波が襲って…。急遽、夫にぶら下がって生きていこうとシフトチェンジするために奔走する彼女の現実を描いた「落日」を収録。身近にいそうな女性像の描写に定評のある長崎さゆりが贈る、心が温かくなる4作品を収録。

シリーズ作品