ウッド・ノート【第2巻】

ウッド・ノート【第2巻】 (うっどのーとだい002かん) / 小山田いく
内容紹介
私立水瀬高等学校に転校してきた唐須一二三(からすひふみ)はバード・ウォッチング部に入部する。 カメラ・ハンティング(一定時間でどちらが多くの種類の鳥を写せるか)で副部長の大潟新人と勝負し勝利した唐須は「バードウォッチング」部を『ウッド・ノート』と命名した。真っすぐに鳥を愛し、行動する唐須に部員たちは次第に惹かれてゆくが、プライドの高い大潟新人とのミゾはなかなか埋まらず……?! 『すくらっぷ・ブック』『ぶるうピーター』に続く小山田いく青春三部作第3弾!! 小山田いく先生の当時の単行本コメント 『家の玄関先の柊の木に、冬になるまでずっと、一匹のアマガエルがすんでいました。 ところがわが家には、カラスやオナガなど、カエルを食べる鳥がたくさん来るので、ずっとハラハラしどおしでした。 鳥も好きだし、わが家の主のような顔したカエルもかわいいし…。 そろそろ冬眠中のカエルも、目を覚ますころ。 今年はどうやって、カエルを守ってやろうか…。今から頭が痛い毎日です。』

シリーズ作品