命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 77

命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 77 (いのちのあしあといひんせいりぎょうしゃひゅーまんずぶんさつばん077) / みきさえ
内容紹介
森内と林は特別養護老人ホームに入所している八重を見舞う。面会に訪れる度に衰弱してゆく八重に心を痛める2人。 一方、大月は特掃中に単純なミスを犯したことで、看取った愛犬への後悔が心の中にわだかまり続けていることを再確認する。 そんな中、遺品供養が行われ、依頼人たちが遺品を前に故人に思いをはせる姿に、自分たちの大切な存在や別れの経験を重ね合わせる ヒューマンズのスタッフたちだった…。 身近な存在の命の終末を通し、仕事として接する「死」や依頼人の心への距離感の在り方を問いかける77話。

シリーズ作品