命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 74

命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 74 (いのちのあしあといひんせいりぎょうしゃひゅーまんずぶんさつばん074) / みきさえ
内容紹介
亡き母の遺品である琴や三味線をお焚き上げしてほしいと依頼してきた女性。高価と思われるそれらの買い取り査定を拒否し、 廃棄にこだわるには理由があった。母の同門の弟子である友人との軋轢、心無い押し買い業者の仕打ち、 ネットによる査定業者とのトラブル…。依頼人にとっては故人への思いが詰まった形見でも、他人にとっては「物」以外の 何ものでもない。そうした認識のズレから起こる悲劇を避けるため、遺品整理業者はどうあるべきか。複雑化する問題に ヒューマンズのスタッフは真摯に向き合う

シリーズ作品