命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 69

命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 69 (いのちのあしあといひんせいりぎょうしゃひゅーまんずぶんさつばん069) / みきさえ
内容紹介
孤独死した男性の住居への特別清掃に向かった大月と林。しかし、それまで全く音信不通だった弟が遺したとおぼしき 預金通帳の存在に執着し、第三者の入室を拒否する遺族に、大月は先に部屋へ入って捜索してもらうことを提案する。 一方、親交のあった八重の病状について後見人が森内のもとを訪れ…。 自らの生命の終わりに向かうさまざまな姿勢のあり方を描く。

シリーズ作品