命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 67

命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 67 (いのちのあしあといひんせいりぎょうしゃひゅーまんずぶんさつばん067) / みきさえ
内容紹介
「八重さんに会いに行かない?」かつて親交を深め、現在は施設で暮らす依頼人への面会を林にもちかける森内。 八重は認知症の進行により二人のことが全くわからなくなっていたが、再び穏やかな時を過ごせたことにより、度々面会に足を運び始める。 そんな中、ある品物をきっかけに、八重の古い記憶が蘇り…。幸福なだけではない人生の中で、人を生かしてゆく思い出の存在を描く。

シリーズ作品