命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 66

命の足あと〜遺品整理業社ヒューマンズ〜[分冊版] 66 (いのちのあしあといひんせいりぎょうしゃひゅーまんずぶんさつばん066) / みきさえ
内容紹介
ごみ屋敷の清掃の依頼。しかしそれは依頼人自身の家ではなく「実家」。 家が荒れ果てたのは、高齢の両親が生活能力を失ってしまったためだった。 介護が必要だとわかっていても、住宅事情等により同居することができないと困惑する依頼人に、林はある提案をする。 遠隔地に住む老親の介護問題に、鋭く切り込みながらも温かく見守る意欲作。

シリーズ作品