Calling-コーリングー

Calling-コーリングー (こーりんぐ) / 著者:光崎圭
内容紹介
両親の遺産である人里離れた一軒家で猫のミントとひっそり暮らしていた沙那(さな)は、優しいエリート銀行マンと結婚。しかし、リストラされた彼は酒に溺れ暴力をふるうようになり、とうとう沙那の留守中にミントを殺してしまった。彼を崖の上へ誘い出し問い詰めると「そんなに大切なら猫とだけ暮らしてりゃよかっただろう!?俺もおまえが必要だなんて思ったことはない」と言い放たれる。そして彼は足を滑らせ、海流に呑み込まれてしまう。それからしばらくして、彼の弟と名乗る男が訪ねてきた。借金取りに追われている弟は、あの日、二人の姿を見ていたと言う。「まさか…知ってる?」無理矢理体を奪われ、再び絶望の淵に立たされた彼女の前に、ミントによく似た黒猫が現れ――!?愛猫の不思議な力に導かれる美しき未亡人のヒューマン・ラブミステリー!

シリーズ作品