剣術抄〜五輪書・独行道〜(1)

剣術抄〜五輪書・独行道〜(1) (けんじゅつしょうごりんのしょどっこうどう001) / とみ新蔵
内容紹介
厳流島の戦いから十数年―― 四十四歳となった宮本武蔵は、養子・伊織と共に大名家へ逗留することとなった。 腰を落ちつけた武蔵はこれまでの己の戦いを振り返りながら、島原の乱や後進の指南に当たる。 一方で佐々木小次郎の元弟子が、仇敵とする武蔵をつけ狙うのだが…。

シリーズ作品