ニュクスの角灯3

ニュクスの角灯3 (にゅくすのらんたん003) / 高浜寛
内容紹介
「君を10年以上ずっと恨んでいた。 つまり……愛していたんだ…」 きらびやかなパリの街で再会した日本の青年と碧眼の美女。 再び動き始めた愛の時計は、やがて頽廃と破滅の時を刻み始め― 1878年・長崎ーパリ万博で最先端の品々を仕入れてきた小浦百年は、今度は日本の優れた工芸品を海外で販売するため渡仏を決意する。 出発間際、美世から恋心を打ち明けられた百年だったが、彼の懐中時計には碧眼の美女の写真がしまってあり……。 既刊大重版&各界から絶賛の嵐!! 明治ハイカラ・アンティーク浪漫、大注目の最新刊!! 【第20回(2017年)「文化庁メディア芸術祭」審査委員会推薦作品】 【THE BEST MANGA 2017「このマンガを読め!」第4位(フリースタイル刊)】 【ダ・ヴィンチ「絶対にはずさない!プラチナ本」掲載(KADOKAWA刊/2016年11月号)】 【2017年&2016年「手塚治虫文化賞」ノミネート作家】

シリーズ作品