妖しの箱庭に浮かぶ月

妖しの箱庭に浮かぶ月 (あやしのはこにわにうかぶつき) / 著者:羽純ハナ
内容紹介
「ここは“人成らざる者”の巣窟だ」 以前勤めていた高校で心と体に傷を負い、私立鴉台学園へ赴任してきた高校教師・結城朱里。 しかしそこは、生徒たちが妖しの特殊な学校であった。そのうえ学内では、生徒たちによる縄張り争いが行われていた。結城は赴任早々、鬼の赤月にマーキングされ、仲を深めていくが、赤月には隠したい本性があり――。

シリーズ作品