焔の眼 5

焔の眼 5 (ほむらのめ005) / 押切蓮介
内容紹介
1946年、侵略国「ショルゴール」に同化された日本で、異形の日本人「クロ」のたった一人の反撃戦は続く。一方、赤い眼の少女「沙羅」は、暴徒と化したショルゴール人たちの襲撃をかわし、沙羅を奴隷としていた少女「エレノア」を守りながら共に逃走する。そこへ沙羅殺害に執するエレノアの忠臣「ゼノ」が現れ――!?

シリーズ作品