焔の眼 3

焔の眼 3 (ほむらのめ003) / 押切蓮介
内容紹介
1946年、奴隷国「日本」。強制居住区「藪椿」へ閉じこめられた日本人。しかし、その隔離生活は突如、「虐殺」という形で終わりを迎える。占領軍の無慈悲な凶行に、なす術もない日本人たち。そこへ異形の男が現れた。圧倒的な暴力をもって、たった一人、武装した兵隊を蹴散らしていく。混乱に乗じて、沙羅とその仲間たちは強制居住区からの脱出を図る。トンネルを抜けた先に待つ世界は、希望かそれとも絶望か――!?

シリーズ作品