こむぎびよりのコッペパン【単話】(11)

こむぎびよりのコッペパン【単話】(11) (こむぎびよりのこっぺぱんたんわ011) / 魚田南
内容紹介
大学1年生の甲斐田一虎(かいだ いちご)は、連日のバイト疲れでヘトヘトのある日、大雨の鴨川で捨て犬を見つける。 捨て犬と一緒に添えられた手紙には、犬なのにパンが好きなこと、そして名前が「コッペ・パン」であることが書かれていた。 一虎はコッペに感じるところがあり世話をしようと奮闘するが、コッペは出された食事にまったく手をつけようとせず――!?

シリーズ作品