百と卍(2)

百と卍(2) (ももとまんじ002) / 紗久楽さわ
内容紹介
元火消しの伊達男攻め、恋と劣情の過去。陰間あがりの百樹(ももき)と、元火消しの卍(まんじ)。義兄弟の契りをかわし、恋人として暮らすふたりの季節は春へと移ろう――。百樹は卍の愛情をいっしんに受け愛おしい日々を送るかたわら、ときおり見せる卍の辛そうな表情に胸がつまるような思いを感じていた。そんなある日、ふたりの前に卍の過去を知るという男・千(せん)が現れる。火消し時代、卍の相棒だったという千は、かつて卍と身体の関係があったことを ほのめかし…。江戸時代BLの金字塔作、圧巻の第二巻! 「巡りあえた奇跡が尊すぎて拝む……」――担当編集

シリーズ作品