夢の雫、黄金の鳥籠 19

夢の雫、黄金の鳥籠 19 (ゆめのしずくきんのとりかご019) / 篠原千絵
内容紹介
命を賭した闘いが、今始まる―― オスマン帝国皇帝・スレイマンの後継をめぐりますます激化していく 大宰相・イブラヒムと寵妃・ヒュッレムの対立。 そんな折、ペルシア遠征から皇帝・スレイマンとイブラヒムが 2年ぶりに帰朝することに。 それはついに、ヒュッレムとイブラヒムの命を賭した闘いが始まることを 意味していた・・・・・・。 後宮(ハレム)での権勢を我が物としたヒュッレムと、彼女がかつて愛した ひとりの男・イブラヒム。 ふたりの運命が結末に向かい、大きく動く――!!! 篠原千絵の描く、ロマン・サーガ、ついに次巻が最終巻・・・・・・!!

シリーズ作品