昭和天皇物語 7

昭和天皇物語 7 (しょうわてんのうものがたり007) / 能條純一/半藤一利(原作)/永福一成(協力)/志波秀宇(監修)
内容紹介
大正天皇、崩御…25歳の青年は天皇となる 大正14年、12月6日。 国民が注視する中、裕仁(ひろひと)皇太子と良子(ながこ)妃との間に 待望の第一子が誕生した。 父となり、大きな責任を背負うこととなった、そのわずか1年後−− 大正15年、12月24日。深夜。 裕仁青年に天皇のあり方を示し続けた大正天皇が この世を去った。 尊敬する父……敬愛する父……肉親との別れに涙を流す時間もなく 父の死より約2時間後、青年は第124代の「天皇」となる−− のちに激動の時代と呼ばれる「昭和」が、いよいよ始まったのだ…!!

シリーズ作品