羣青 下

最終巻
完結
羣青 下 (ぐんじょうげ) / 中村 珍
内容紹介
人生懸けた恋をした。女と女の最後の選択! 殺した女。殺させた女。 “共犯者”となった二人の旅路で次第にあらわとなる、血縁への執着と、お互いへの無理解。 未練と倦怠に挟まれ、自殺か服役か逃亡か心中かいずれも“どんづまり”の 選択肢を前に立ちつくす二人に、光は射すのか…。 血にまみれた手で欲したものはなんだった? 女たちの魂の咆哮、あるいは彷徨――これにて幕。 主な登場人物/ 殺した女(学生時代から密かに「殺した女」を慕っていたレズビアン) 殺させた女(夫殺しを依頼した。レズビアンから向けられた好意には気づいている) 「殺した女」の兄(妹はそそのかされていると信じ込み、出頭させようと画策する) 【第21話〜最終話を収録】

シリーズ作品