夢の碑 渕となりぬ 中編

完結
夢の碑 渕となりぬ 中編 (ゆめのいしぶみふちとなりぬちゅうへん) / 木原敏江
内容紹介
清冽な乙輪と艶麗な羽角。看板役者をもつ三枝座は京で大評判をとっていた。だが、舞の神髄を追究する近江猿楽の白楊太夫は羽角の能を見世物芸ととがめ、芸術的幽玄能を舞うべき乙輪は三枝座では大成しないと予言する

シリーズ作品