鎌倉けしや闇絵巻 5

鎌倉けしや闇絵巻 5 (かまくらけしややみえまき005) / 赤石路代
内容紹介
記憶に残るのは、恋か、憎しみか・・・ 人の記憶を消す稼業「けしや」を継ぐ、高校生の蒼と菜乃葉の物語。 5巻収録は ・「思ひ出の海棠」 美人三姉妹の次女が結婚詐欺に遭う。その裏には他のけしやが…!? ・「割れて砕けて裂けて散るかも」夜光虫が発生し青く光る海辺で殺人が起こる。被害者は青史郎の知り合いで? ・「谷中けしや猫絵巻」トメが猫!ゴも猫!!の谷中けしやが、子猫の記憶をたどり、鎌倉へ。そこにあった悲しい事実とは…。 ・「歩く人形」少女が持つ”形見の人形”は夜になると歩き、彼女を病気にさせてしまった…!? ・「南天の恋」ついに明かされる、蒼の父の失踪の謎。さらに、蒼の母をめぐる忍ぶ恋も…。

シリーズ作品