カムイ伝全集 第二部 5

カムイ伝全集 第二部 5 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ005) / 白土三平(作)
内容紹介
▼第1章/無宿溜(スラム)〔三〕(旅立ち/地引き網)▼第2章/野望〔一〕(葛衆/納屋集落/外川浦/椿湖) ●主な登場人物/カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年) ●あらすじ/無宿溜を追い出された牢人たちを扇動し、目障りな将軍側衆・堀田正俊の失脚を狙った老中筆頭・酒井忠清。だがそのもくろみは、竜之進や冬木父娘の活躍によって阻止された。その後、溜の住人達は豪商・河村瑞賢の計らいで蔵普請人足の仕事を得て、また竜之進ら牢人衆は、九十九里の漁師だった男・房州に同行して新天地を目指すことに…[無宿溜〔一〕(旅立ち)]。 ●本巻の特徴/新天地の九十九里を目指す途中、刺客の一団に襲われた笹一角(草加竜之進)たち! 影で糸を引く黒幕の正体は? さらに無事、房総の漁村にたどり着いた竜之進とカムイは、外川の地で思いがけない人物との劇的再会を果たす――!! ●その他の登場人物/冬木道無(腕の確かな町医者)、アヤメ(道無の娘。竜之進に恋心を寄せる)、堀田正俊(若いが剛直・聡明で、気弱な将軍を守り、酒井の専横に憤る)、酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれるほどの権力を持つ)、堀田上野介正信(佐倉十一万石城主。正俊の兄。武辺一筋の直情型)

シリーズ作品