とりかえ・ばや 10

完結
とりかえ・ばや 10 (とりかえばや010) / さいとうちほ
内容紹介
男として育った姫君・沙羅と 女として育った若君・睡蓮は、生まれながらの性で生きて行く決意をするが――!? ついに帝の尚侍(ないしのかみ)として出仕することとなった沙羅は、近い距離に戸惑いずつ、少しずつ帝との絆を深めてゆく。 しかし次の東宮候補として弓弦王を担ぎ出す一派が現れ…!? 急接近の第10巻!

シリーズ作品