されど罪人は竜と踊る18 どこかで、誰かの歌が

されど罪人は竜と踊る18 どこかで、誰かの歌が (されどつみびとはりゅうとおどる18どこかでだれかのうたが) / 浅井ラボ(著)/ざいん(イラスト)
  • 出版社
  • ジャンル
  • 掲載誌
  • レーベル
    ガガガ文庫
  • ISBN

内容紹介
死と悲劇と怨念を越えて、響くルルの歌声。  エリダナ音楽祭において、歌手のルルを廻る争いは激化し、混迷の度を深めていく。  ルルの護衛をしていたガユスは、ハイパルキュの策謀によってフロズヴェルに誘拐され、虜囚の身となった。人質交換の交渉となるが、双方の虚々実々の策略が激突する。一方で、ハイパルキュの無限複製の謎を解く鍵、バーディオス博士の遺産再現の困難さに、咒式士たちが立ちつくす。難題の前に、謎の人物と球体が現れる。  そして、ルルはアープと出会ったことで、歌に躓く。新曲を求めて、もがき、苦しむ。  ガユスとギギナの思惑、仲間たちの希望、ルルの過去と歌、笑うハイパルキュに復讐のタングーム、渇望するフロズヴェル。各自の思惑が絡みあい、エリダナ大音楽堂へ向かう彼らの前に出現したのは、童話世界の即死の謎。 「苺と偽苺を見分けないと――」 「朝は四本足、昼に二本足、夜に三本足ってなーんだ。人間だと答えれば――」 死ぬ!  空席となっていたエリダナ七大手、由緒ある七門の座に就くのは、師を越えようとするものたちか、反逆の餓狼か。ジオルグの後継者となっていたのは、正しさを求める雷光か、それとも。多くの死と悲劇と怨念を越えて、ルルの歌声が、エリダナに響きわたる。 ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

シリーズ作品