鍵のない鳥籠

鍵のない鳥籠 (かぎのないとりかご) / 冬織透真
内容紹介
真面目で“いい子”、いつも笑顔で、友達だっている。 だけど本当は、学校にも家にも「居場所がない」と感じているあたし――波瑠。 そんなあたしに気付いてくれたのは、生物の榊先生。 「僕にだけは甘えていいんだ」 先生は、甘く優しく、あたしの欲望を引き出してくれるから あたしは身も心も、先生に委ねたの。 ――だから、ねえ先生。 あたしがあなたを愛するように、あたしもあなたに愛されてるって信じていたんだよ。 あなたこんなに深い闇を抱えているなんて、 人を愛することができないなんて…知らなかった。 それでもあたしは、諦められない。 あたしがいないと生きていけないって言って。 あたしをとじこめて、放さないで――― 冬織透真が描く、センセーショナル・ラブストーリー。

シリーズ作品