ホムンクルス 7

ホムンクルス 7 (ほむんくるす007) / 山本英夫
内容紹介
●主な登場人物/名越進(34歳。新宿西口のカーホームレス。頭蓋骨に穴を開ける手術を受けて以来、左目に変なモノ=ホムンクルスが映るように) ●あらすじ/かつて外資系エリート銀行員だった名越の仕事は、会社の資産を担保に金を貸し、貸した金以上の金額で売りさばくハイエナ――いわば「企業を潰すこと」であった。その裏で、多くの人々が途方に暮れることにも全く意を介さず、当時の名越はポルシェを乗り回し、夜ごと一流ホテルで女を抱く日々を送っていたのだが…!? ●本巻の特徴/かつての外資系エリート銀行員は、なぜホームレスになったのか? いま物語は、名越の核心に迫る!!

シリーズ作品