書生葛木信二郎の日常 6

完結
書生葛木信二郎の日常 6 (しょせいかつらぎしんじろうのにちじょうくろひげそうきたん006) / 倉田 三ノ路
内容紹介
大正時代…帝都・東京の一角に佇む洋館・黒髭荘。そこは小説家志望の書生・葛木信二郎を除く、すべての住人が妖怪という、奇妙な館だった! かつて信二郎の兄・悌一郎に想いを寄せながらも、悌一郎に妖怪の許嫁が居たと知って心に傷を負った女陰陽師・勘解由小路サマラ。その傷を大妖怪「橋姫」に突かれ、身体を乗っ取られてしまったサマラは、夜な夜な男を襲っては生気を吸う。そしてついにサマラの毒牙が信二郎に襲いかかる――!! 信二郎はサマラを救えるのか!? 緊迫の第6集が登場!!

シリーズ作品