風の大地 60

風の大地 60 (かぜのだいち060) / 坂田 信弘(作)/かざま 鋭二(画)
内容紹介
父親を拉致されたマイケル。遺恨勝負をマイケルに挑まれているバリー。己のゴルフに邁進する単独首位の沖田圭介。最終組3人はそれぞれの思惑を抱きながら、オーストラリアオープン・決勝ラウンド最終日の7番ホールに立つ。  ピンがしなるほどの風、経験も勘も全く役立たないほどの強風が吹き始めた時、男達の思惑は狂い始めた。  その様子を黒服の男がギャラリーに混じって、じっと伺っている……そして隣に立つ強面の男にそっと耳打ちをした……「用意は出来たか?」と一言。  復帰第一戦、沖田は優勝を飾る事が出来るか?勝負は佳境に入っていく。

シリーズ作品