風の大地 55

風の大地 55 (かぜのだいち055) / 坂田 信弘(作)/かざま 鋭二(画)
内容紹介
「どうやら俺はプロテストの神様に根っから嫌われちまったようだ」 沖田の無二の親友、笠崎はプロゴルファーになるという一途の夢を叶えることができなかった。 そして、誰にも行き先を告げずに、ただ一人北へ北へと当てもなく歩き始め、深い森へ消えて行った。 沖田が想い…石倉が想い…鹿沼の地に寄りし皆の想いに目をそむけ、笠崎は逃避行を続ける。 一体、いつまで続けるのか、笠崎の逃避行!! 沖田は笠崎に再会することは出来るのか――!!

シリーズ作品