少女の時間

少女の時間 (しょうじょのじかん) / 椎名 チカ
内容紹介
特に美人でもない。特に頭がいいわけでもない。世渡りも上手くない。 学校でも、ソフトないじめにあっている。…まぁ、あくまでソフトなわけだけど。 家に帰れば、ちょっと太めのさえない母親が待ってる。母親似だと言われる私には、やっぱり母親のように、さえない人生が待っているのだろう…。 …だるい。生きてゆくのが、だるい。 そんな風に思っていたある日、母の弟で、官能小説家の叔父と、10年振りに再会したのです。幼い頃、母から何度も「近づいちゃダメ」と言われてた叔父さんに。だから私、近づいてみたのです。人生を変えたくて。 …おじさんは私に、とても丁寧に「女の使い方」を教えてくれました。 とても、丁寧に。人生を変えるほどに。

シリーズ作品