絶対可憐チルドレン 13

絶対可憐チルドレン 13 (ぜったいかれんちるどれん013) / 椎名 高志
内容紹介
70%の確率で生物汚染が起きるとの予知に基づき、現場の大学研究所に急行した皆本と「ザ・チルドレン」。そこではなぜか研究員たちが互いにどつきあって倒れていて、怪しげなハエが飛び回っていた。さらに紫穂にとまったハエの1匹が彼女に取り憑き、「コレカラハ蠅ノ時代ナノダ」と宣言して…。

シリーズ作品