ノラガミ(24)

ノラガミ(24) (のらがみ024) / あだちとか
内容紹介
この世とあの世の境には、八百万の神々や彼らに仕える死霊たる神器、妖と呼ばれる魑魅魍魎が棲まい、人の世に係わっている。いたいけな女子中学生・壱岐ひよりが道ばたで出会ったのは、住所不定無職・自称「神」なジャージのひと。ガサツで気分屋でヘタレ、ろくに祈願も聞いてくれないが、誰も知る人のないこの神様、一つだけ能があった。此岸と彼岸とその狭間――世の有象無象すべてを、ぶった斬ること!! 存在を賭した激戦 父親を討つーー / 雪音のためにも、天による大祓が至る前に必ず決着をつける… そして夜僕は、ついに術師との再激突を果たす!! コミックス24巻[ノラガミ拾遺集 参]付き特装版も同時発売

シリーズ作品