iメンター すべては遺伝子に支配された(2)

講談社 春のマンガまつり対象商品
iメンター すべては遺伝子に支配された(2) (あいめんたーすべてはいでんしにしはいされた002) / 小出もと貴
内容紹介
第1話Twitter総いいね数、驚異の18万!! これは遺伝子と愛をめぐる物語──。 「iメンター」は、最新の遺伝子情報を基に人生の“可能性”を教えてくれる人工知能アプリ。時にそれは寿命や才能の限界という残酷な数値を示すAIだった。 終末医療を司る「iホスピス」に配属された深水琉花は、遺伝性の病に苦しむ余命半年の7歳の少年を担当することに。 特効薬があるにも関わらず、「iメンター」の示す“最適な”死期に従おうとする院長・鳳来に強い抵抗感を感じる琉花は、少年を救うべく、管制官としての禁忌を犯す決意する。 遺伝子情報で管理された社会、それはいつか訪れるかもしれない近未来。 『アイリウム』『サイコろまんちか』の小出もと貴が描く、今話題のGeneSF!

シリーズ作品