サギ、欲情に鳴く プチキス(5)

サギ、欲情に鳴く プチキス(5) (さぎよくじょうになくぷちきす005) / 奈良原せつ
内容紹介
要と会った後、帰宅したりつかに夫が放った思いもかけない言葉。りつかはある決意とともに過去の自分を振り返る。「私はつねに人を見下していたと思う」彼女の心の深い傷。それは何によってもたらされたのか? 他者の非難を浴びても、サギはさらに空高く飛ぶ。

シリーズ作品