傘寿まり子(12)

傘寿まり子(12) (さんじゅまりこ012) / おざわゆき
内容紹介
80歳のベテラン作家・幸田まり子は、長年執筆してきた文芸誌「群星」から見放され、自ら編集長となりweb文芸誌「レトル」を立ち上げる。 レトルをさらに大きく羽ばたかせるため、編集長として奮闘するまり子。 そんな中、引退を宣言した大物作家・進藤とベテラン作家・佐野の意外な関係を知る。 さらに、二人の学友である森崎が、まり子とともにトラブルに巻き込まれてしまい――?

シリーズ作品