我間乱−修羅−(7)

講談社 春のマンガまつり対象商品
我間乱−修羅−(7) (がまらんしゅら007) / 中丸洋介
内容紹介
数多の武芸者が”最強”を求め命を懸けた伝説の武芸仕合『海原大仕合』から2年。『海原大仕合』で天下無双と謳われた千石伊織の元に徳川幕府より、戦いへの誘いが届く。敵は幕府が”最強”を決めるため選んだ武芸者たち、その名は”幕下百剣”。伊織に付き従うのは、剣に魅せられた一ノ瀬家の娘・蘭。いずれも一騎当千の強者たちを相手に、千石伊織の新たな戦いが幕を開ける!! ついに幕下大仕合本戦が始まる!! 本戦を前に伊織を訪ねてきたのは将軍兵法指南役・柳楽! その口から語られたのは幕下大仕合の裏に隠された将軍家の秘事、そして恐るべき強者の存在だった! いっぽう我間の元を訪れたのは無宝流・宮藤四門。無宝流の強者三人に囲まれ、我間は大きな選択を迫られる!!

シリーズ作品