御手洗家、炎上する プチキス(19)

御手洗家、炎上する プチキス(19) (みたらいけえんじょうするぷちきす019) / 藤沢もやし
内容紹介
母が犯人とされた13年前の火事の真実を求め、村田杏子は偽名を使い、家事代行として御手洗家に潜入した。気難しい後妻の真希子の信頼を獲得しながら、裏で御手洗家の探索を続けている。真希子の息子・希一に正体を知られて窮地に陥った杏子だったが、希一は過去の出来事を探る協力を申し出てきた。一方、杏子の妹の柚子は、母との離婚依頼疎遠だった父と再会し、火事の真実を探すため助けを求める。

シリーズ作品