センゴク権兵衛(12)

センゴク権兵衛(12) (せんごくごんべえ012) / 宮下英樹
内容紹介
仙石家は改易され、もはや大名でもなく武士でもなくなった権兵衛は、身ひとつで高野山へと向かった。己を知るため、そして罪を背負うため、権兵衛は"世間"の声に耳を傾ける…。これより運命的な「挽回」へと至る権兵衛の生き様から、戦国時代の終焉が見えてくる!!

シリーズ作品