かつて神だった獣たちへ(7)

かつて神だった獣たちへ(7) (かつてかみだったけものたちへ007) / めいびい
内容紹介
身体を刻まれた者たちは、獣と人の姿を行き来し、次第に肉体も精神も崩れていった…。そのなかで最後まで人の姿と心を保った者だけが擬神兵と呼ばれた━━。シャール、ライザと共に擬神兵が造られた施設“エコール”に足を踏み入れたハンク。そこで目にした幻影が、彼らを過去へと誘う…。

シリーズ作品