C.M.B.森羅博物館の事件目録(19)

講談社 春のマンガまつり対象商品
C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) (しーえむびーしんらはくぶつかんのじけんもくろく019) / 加藤元浩
内容紹介
東欧の小国バルキアでおきた3万人虐殺事件。弾圧を行った独裁者スワミが逃亡先のベルギーで逮捕される。国際社会の信用回復のため、傷ついた国民の再生のため、スワミはバルキアが裁かなくてはならない! 身柄を当事国に取り戻すべくバルキアの保佐人として起った燈馬(とうま)。だが、欧州の意志を代表して対立するのは、天才児・榊森羅(さかき・しんら)だった! 1つの裁判を『Q.E.D.』『C.M.B.』で同時に描く、頭脳対決コラボ、実現!

シリーズ作品