死と彼女とぼく(4)

死と彼女とぼく(4) (しとかのじょとぼく004) / 川口まどか
内容紹介
ゆかりと優作(ゆうさく)が出会った、ひとりの死者。あまりにも美しい彼女は、自分が死んだことにすら気付かず、廃屋で夫の帰りを待ちわびている。彼女の目から見ると、生きている者こそが、自らの生活をおびやかす存在。ゆかりと優作はなんとか彼女に安らぎを与えようとするが――。(『最後の涙のその果てに』)死者の姿が見え声を聞くことができる優作とゆかり。ふたりが出会う死者たちとの真摯な魂のふれ合いを描いた傑作。

シリーズ作品