ヴィンランド・サガ(11)

ヴィンランド・サガ(11) (びんらんどさが011) / 幸村誠
内容紹介
我が王道は血に塗(まみ)れている。奴隷(トルフィン)と王(クヌート)、ふたりの人生が再び交錯する。戦士達の叙事詩。――トルフィンの父の仇であり、トルフィンの属す兵団の首領アシェラッドが死んだ。仇を討つことだけを考えていたトルフィンは生きる目的を無くし奴隷に転落、大農場での新たな暮らしが始まる。だが、苛烈に覇業を推し進める新王クヌートの剣先は、やがてトルフィンの暮らす農場に向けられた――。

シリーズ作品